RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
連続一橋講座
おひさしぶりです。 こんばんは〜

いや〜この暑さは半端ないですね。さらには風邪をひいたのか鼻水が出てくる;
連日、駿台夏期講習に通っているのですが、どんどん疲れがたまってくる感じですよ
100805_1909~01.jpg

でも、もちろん、この夏、疲れだけを覚えたわけではありませんよ(笑)
一橋講座(今のところ国語・日本史・数学、来週から英語)を受けて感じたことがあります
今日はこの中から一橋志望の人にとって興味が沸きそうなものを書きたいと思いますb


皆さんは一橋の国語をどう思っていますか?

・配点が低いから勉強しなくて良い
・傾向がはっきりしていないから過去問はちょっとだけでいい
・点差がつかない科目

等々が考えられると思います。
確かに、僕も国語と日本史を受けるまではちょっぴり思っていました;

しかし、実際に講義を受けて過去問を解くと、一つ、一橋大学が志望生徒に強く要求していることの一つをとても強く実感することができました。

すなわち、それは、問題を処理し最後は自分の意志や考えを母国語である日本語で端的、迅速かつ正確に書き表わす能力です。

確かに、一橋入試の科目別配点を見てみると、主要三科目であるはずなのに国語がやけに低い。また、問題を見てみると、国語・日本史・世界史・英語は記号問題はほどんどない。
これは何を表しているのか?




日本史の論述を書いてみると表現の仕方にとても迷うことがよくあります。
国語の第三問も同じで、要約の構成をどのようにしようかでよく迷います。

実は、このときの頭の中の作業は同じで、

―颪べき要素をいくつかリストアップ
      ↓
⇒彖覇瓜里隆愀言・流れ・展開を考える
      ↓
0幣紊鯑Г泙┐疹紊如端的、迅速かつ正確に答案内容を文字化する

このように日本史でも、英語でも、国語と全く同じプロセスで解答を作るわけですね。

では、この解答力である国語力が無かったら、どうなるでしょうか。
日本史の知識があっても、ただ単語の羅列をしただけでは点はもらえないでしょう。
英語も然りです。

ちなみに塾の先生は加点方式ではなく、ABCD評価の可能性が高いとおっしゃていました。
ABCD評価とはAは30点、Bは20点、Cは10点、Dは0点と点をつけるやり方です。
もちろんこの評価だと大きく点差が開きます。
文章がきれいな人ときたない人でも点差がつくでしょう。

このように一橋の問題は国語力を必要とする問題、記述型問題がほとんどです。

したがって、国語がこのように他の科目と比べて配点が低いのは、ある程度の国語力は
他の科目でみれるので、国語では残りのみれない国語力、つまりもっと抽象的な日本語を
扱って簡潔に文章を作る能力さえ問えば問題はない、というのが大きな理由だと思います。
もちろん、この抽象的な文章を書く能力というのは、英語や日本史を解答する以上に高度な能力です。
この能力が高ければ、英語や日本史の答案の質も全く異なってくるでしょう。


つまり、記述型入試の土台には国語力が前提となっているということです。
国語力無くして、どの科目も点はもらえない。


そして、その国語力をあげるには多くの文章にあたり、自分の手を動かして解答力を高めるしかないと思います。もちろん論述もです。

このように考えてみると、一橋の国語がちょっとは大事だと思えませんか?
残りの半年間、国語力をいかにあげるかで、本番にもらえる点が決まると言っても過言ではないと思えませんか?

僕はそんな印象を持ったので、頑張って国語力をあげたいと思いますb
みなさんも是非、国語に対するマイナスイメージを壊しましょう!


ここまで読んでいただきありがとうございました。
正直途中で書くのやめようかななんて思っちゃいました
あたまが軽くイタイです
でもみんなに読んでもらいたいなあとも思ったので頑張りました。
文が変ですが伝わればうれしいです><







では僕は 数学をやってきます!!!(笑笑)
author:, category:プチブレイク, 19:01
comments(1), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:01
-, -, - -
Comment
お久しぶりです〜☆
一橋大講座がたくさんあってうらやましい…
僕も本気で駿台受講しに行こうかと考えたくらいです。

国語とはすべての教科の土台である。
特に法学・経済学を学ぼうとする人間に
表現力がないなんてもっての外。

だから記述問題ばかりですよね。
世界史・日本史の論述を書くだけでなく
数学の記述答案に英語の長文読解さらには英作文
すべてに国語という教科はつながりますよね。
一橋の国語の問題が非常に厳しく字数制限をかけているのも考えてみれば当たり前。
将来 論文を書くような生徒を求めているから。
短い字数の中でどれだけ的確に伝えられるか。

こうして考えると一橋大の問題は相当
厄介ともいえますよね。
僕も国語は苦手です。悠さんとは違って
一橋大講座といっても東進5コマしかないのですが
何か学べました。しかしそうはいっても単なる
大学入試ですから糸口はありますよね。

ものすごく勉強はかどってそうですね。
いいなあ〜
だららん, 2010/08/05 11:29 PM